御宿霊園 トップページ >お墓の話

埋葬の手続き

埋葬=火葬にて初めて納骨されるとき
火葬許可証(又は、火葬証明証)及び墓地の永代使用承諾証(墓地使用権利証)を管理事務所へお持ち
ください。
分骨を予定される方は自分でお骨を分けないで、墓地の管理事務所に全部お持ちください。

▲お墓の話トップ

改葬の手続き

改葬=これまでの墓地から別の墓地にお骨を移されるとき
下記の要領で改葬許可書を取得して、これから葬ろうとする墓地の永代使用承諾証(墓地使用権利証)
一緒に管理事務所へお持ちください。
1.受入証明書(改めて葬ろうとする墓地が使用可能であることを証明)
   ↓ 改めて葬ろうとする墓地の管理者が発行しますので、
     現在お骨のある墓地の管理者へ提出してください。
2.改葬許可申請書
   ↓ 上記管理者の証明を受けて、市町村長に申請してください。
3.改葬許可書
     市町村長より受領してください。

▲お墓の話トップ

分骨の手続き

分骨=現在お骨のある墓地より一部のお骨を別の墓地に埋葬するとき
埋葬証明書(又は、分骨証明書)を現在お骨のある墓地管理者の証明を得て、これから葬ろうとする墓地の
永代使用承諾証(墓地使用権利証)と一緒に、墓地の管理事務所にお持ちください。

▲お墓の話トップ

墓地・埋葬等に関する法律

第 2 条. 〈埋葬〉とは死体(妊娠4ヶ月以上の胎児を含む)を土中に葬ること。
第 3 条. 〈埋葬・火葬〉は死亡及び妊娠7ヶ月以上の死産後24時間経過後でなければ行ってはならない。
第 5 条. 〈埋葬・火葬・改葬〉を行おうとする者は、市町村長(区長)の許可を受けなければならない。
第14条. 〈管理者〉は第5条の書類を受理した後でなければ埋・火・改葬を行ってはならない。
第16条. 〈5ヶ年保存〉
第17条. 〈毎月5日まで市町村長への届出〉
※〈埋蔵〉とは、焼骨を土中に葬ること及び一般的にそれと同視できる状況にて葬ること。
※関係法律:刑法188条(礼拝不敬罪)、刑法189条(墳墓発掘罪)、刑法190条(死体損壊、遺棄・領得罪)

▲お墓の話トップ

冊子「お墓の話Q&A」もくじ

1. 墓地の種類

2. お墓の種類

3. 墓碑の型

4. お墓の構成

5. お墓の建立・購入時期

6. 埋葬・改葬・分骨

7. お墓の継承

8. お墓の税金

お墓に関する常識や、疑問・質問に対する回答などを
御宿霊園オリジナルの冊子にまとめました。
ご希望の方は、ご遠慮なくお申し出ください。
無料でお送り致します。
お問合せフォームからご請求できます)


▲お墓の話トップ

お墓 Q&A

Q
お墓はいつ建てるのが良いでしょうか?

A
一般的に四十九日や百か日、1周忌などに合わせる事が多いようですが、特に決まりはありません。
そうした法事のある期日を選んだほうが、多くの関係者にお集まりいただくためにも合理的といえます。

Q
生前にお墓を建てると縁起が良いといわれるが…

A
仏教では、生前に戒名(法名・法号)をもらい、死後の冥福を祈るために仏事を修する習慣がありました。これを逆修といい、死後、遺族に追善供養をしてもらうよりも、功徳が優れているとされています。古代日本でも生前に自分のお墓を造ることはたいへん縁起が良いこととされ、これを寿陵と呼んでいます。民営墓地の6割〜8割は寿陵だといわれています。世界最大の墳墓である仁徳天皇陵はじめ、歴代の天皇や豪族は生前から自分の墓所の築造に努めました。
ただ現在、公営墓地では遺骨があることが応募条件となっているため、寿陵を建てることはできません。

Q
墓相が良くないといわれたが?

A
墓相は、今から300年くらい前に、俗信や迷信をもとに中国の易学や陰陽道の観点を交えて日本で生まれたものです。その中には、生活の知恵が含まれていて、耳を傾けるべきこともありますが、大半は矛盾だらけです。特に墓相家が説くお墓の吉凶が子孫の幸福や繁栄に影響するという因果関係はほとんどがこじつけによるものと断定していいでしょう。
むしろ、環境、地形、方角、材質、型などを考えて建てることが大切で、墓相に惑わされる必要はなく、祈りの場として大事に守っていくことこそ、大切な意味があるといえます。

Q
お墓を建てると税金はどうなりますか?

A
お墓の取得・所有は地方税法でいずれも非課税扱いになっており、税金は一切かかりません。

Q
お墓の相続税はどうなっているのですか?

A
お墓を相続する場合、それには二つの意味があります。一つは墓地の永代使用権の相続と、墓石、納骨棺などの霊廟、祭具等の相続です。
霊廟や祭具は祭祀財産といって所有権が発生しますが、この何れに関しても、現在の相続税法では相続税の課税対象にはしていません。

▲お墓の話トップ